FC2ブログ
★5歳のキャバリアの事をチョット書いちゃお~的ブログわん★
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良き日
2008年04月06日 (日) | 編集 |
午前中、悲痛な叫びの麩を家に置いて病院に行って来たんですが、帰ってくるなりちゃんと家の前らへんだけ連れて行きました。
それから1時間ほどしてから普通に散歩に。

某床屋さん前でピンクのちっちゃいチャリに乗った女の子が「こんにちは」と挨拶してくれました。
まだ、ちっちゃいのにお利口さんやなぁ思いながら嬉しくなったので大きい声で応えました。
なんか天気も良く気分も良かったしすれ違う婆ちゃん婆ちゃん(本来、歩いてる人は子供よりも婆ちゃんが多い時間帯っぽ)

今度は歩道で話し込んでるお祖母ちゃん2人に挨拶。
すると一人の方が麩にかまってきてくれました。
麩は近寄りたいけど後ずさりしてるし~~
で、また近寄っては後ずさりしてはで…
おばあちゃん、撫でたそうだったのに。
ちなみに、もお一人の婆ちゃんは犬が苦手なそうで。
麩も近寄ろうとしませんでした(草刈りの鎌を持ってたからか?!も)

んで、知らない人と話し込む(そんな深くないけど)のはゴメンだわんと思い帰ろうとしたら、おばあちゃん同士の会話も終了し、解散って感じで。
犬好きな、おばあちゃんも私と同じ方向に行くらしく曲がり角を私が曲がったところで「あら、同じ方向やわ」みたいな事を言うてるのん聞こえたんだべ。
結局、電柱に麩が道草してるし、また一緒になってもーて。

で、帰り道話しながら来たんですが、ある事実が一つ分かりました。
それは、麩の好きなラブラドールちゃんちのおばあちゃんでした。
へぇ~~って思ったけど、いつもワンコと散歩してる方も上品だし、このおばあちゃんも、まるで院長夫人かと思わせるぐらい品があったし。
顔見てても綺麗で優しそうなイメージ。

麩も可愛い顔して~とかって言われてたし良かったのぉ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。