★5歳のキャバリアの事をチョット書いちゃお~的ブログわん★
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
げーりー
2008年02月10日 (日) | 編集 |
昨夜、コタツから出たと思ったら一目散にドアの前に走っていき、ワンと吠えました。
普段は、のそ~っと歩いていき、座り込んで「ドア、開けて」って感じなんですが、今回は尋常じゃなかったんです。
で、ドアを開けたとたんにトイレシートのとこまで行き、ブリと言う小さい音とともにヤワヤワなウンチちゃんをしていました。
その後も夜中に布団の上でモソモソしてたしドアを開ける事を3~4回繰り返していました。
最終的には朝方、部屋の中のシートにしてあったんですけど、5回以上は出ていた模様…

んで、久々に病院へ私も足を運んで行ってきました。
先客というか患者さんは飼い主の方だけでしたが麩は寄っていき、撫でてもらってました。
で、相変わらず診察台の上ではびびっていました。
抗生物質の注射をうってもらってました。
皮下注射だし、黙ってました。
耳の汚れも先日から気になってたし診察してもらったら耳ダニではなく安心しました。
細菌とからしく点耳薬をもらってきました。

待合室で待ってたらヨークちゃんが入ってきて、麩は豹変して暴れまくっていたので外に連れて行きました。
あのまま、いたら私の服がボロボロになりそーだったし~(大袈裟極まりなーい)
つーか、ヨークちゃん、結構深刻そうでした。
先生みずから待合室に腰掛けて話していたそうですし。
血液検査の結果、基準値をかなり超えてるそうで倒れないでいる事が珍しいみたいな事を言ってたそうです。
私はヨークちゃん、普通に見えたけどしんどかったんやねぇ…

関係ないけど、某潟の畑?のところでキジを見ました。
珍しいし思わず車内で「キジっ」て言ってしまいました。

んで、麩は今のところ薬も飲んで体調(おなか?)は落ち着いています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。